忍者ブログ

Bioautonomy Expedition

真実探求の体験から意識の枠を広げ無用なコントロールから解き放たれる効果が高いと感じられる情報のご紹介と、その時々の思いや癒しと成長の体験談を綴ります。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ポジ出し』の勧め

a0002_001592.jpg癒すということはしっかりと自分の問題点や汚い部分を自覚し受け入れることから始まる。だから癒し続けることは自分のネガティブな側面をこれでもかという位に自覚し続けることになる。つまり『ダメ出し』し続けることで、相当に心身の体力を必要とする。必要な心の体力を養う一環として日々の『ポジ出し』を推奨したい。現在私も実践中だ。現実化したい目標が定まっていれば、この『ポジ出し』も行いやすい。ゴールを意識することにより、続けやすいからだ。

必要なのはノートとペンだけだ。毎日続けるだけで、心の体力が養われる。就寝前の癒しの時間にリラックスして、まず日付とタイトルとして『今日のポジティブ&感謝』と私は書き込む。そして、その日一日を朝から思い起こして、昨日に比べて、以前に比べて進歩した点を次から次へと書き込んでいくのだ。

重要なのは、できなかった点や失敗したこと、嫌な思いをしたこと等の『ダメ出し』は全て無視をして、『ポジ出し』に専念することだ。

最初は慣れていないので何を書いたらいいのか筆が進まないかも知れない。わずかな進歩でも、わずかな良かったこと、感謝できることでも、とにかく書いて書いて書きまくっていくのだ。そのうちに慣れてスラスラとかけるようになる。自分は何に取り組んでいるのかも明確になる。そして自然に感謝の言葉が溢れ出してくる。

他人と比べずに自分の進歩のみに着眼することも重要だ。自分の人生なのだから自分の成長に目を向けよう。他人と比べて上手くできるようになったとかではなく、昨日の自分と比べるとこのような進歩があったと書き込もう。今日もこのようにできた、今日はこのような気づきがあって嬉しい、すっきりしたでもいい。感謝の言葉がついてくる。

毎日続けることにより、心の体力、安定感、問題自覚能力のアップ等様々な成果が見込まれる。ポジティブ・シンキングが要求されるこれからの未来作りに欠かせないセルフ・ヒーリングだ。
PR

ZERO : 9/11の虚構



以前から気になっていた映画『ZERO : 9/11の虚構』の札幌での劇場公開を見逃してしまったので残念だと思っていたら、DVDが発売されていました。早速購入して観てみました。

このブログでもご紹介してきましたように、9/11の真実を暴いてきた動画や書籍は数々出ていますが、このZEROはイタリアで制作されたことや劇場公開されたこと等が新しいのかなと思いました。内容も充実していて、初心者にも観やすく分かりやすくまとめてあるように感じられました。制作者達の真実に勇気をもって真摯に向き合い公表していく姿勢は、私たちが生きているこの世界の本当の社会構造に未だに目覚めていない日本人の皆さんを刺激してくれるのではないかと期待しています。

今まで全く事実を知らないで過ごして来た方は、このような映画から入るのが簡単かと思います。3/11の真実や現在起きている社会体制の大きな変革を受け止めていくためにもぜひこの『ZERO : 9/11の虚構』を観て、真実に心を開いて行っていただきたいと思いご紹介しました。





更に詳しく9/11やその他の真実を知りたい方々は、このブログでご紹介しました『日本人が知らない恐るべき真実』(安部芳裕著)『図解 世界「闇の支配者」』(ベンジャミン.フルフォード著)等の書籍や下の動画等を参考にして下さい。




11:11:11 Bioautonomy Meditation

FLWR0144.JPG






1992年に出版されたSolaraの『11:11』という本を原書で読んで以来、私にとって11月11日は特別な日になりました。天使界の門が開く日と記憶しています。

今年は更に11:11:11となり特別にエネルギーが高くなりそうです。その記念すべき日にいったい何をしようかと思いを巡らせて、ネットでリサーチしてみました。YouTubeにも色々な11:11:11のスピリチュアルなイベントを呼びかける動画がいくつもアップされていました。マヤの13のクリスタル・スカルのイベントやライトワーカー達によるイベント、セドナでのイベント等様々なのですが、今ひとつこれにシンクしようというイベントに出会いませんでした。

そこで、今年はホールライフデザインズ独自のバイオオートノミー的イベントをクリエイトすることにしました。旧来のスピリチュアルな風潮の悪習慣ともいえる『もらおうもらおう』とすることから客観的に抜け出すためにも、今回は逆に『提供すること』に光を当てたイベントにしたいと強く感じました。

以下にイベントの詳細をご説明します。自宅でできる瞑想ですので、ぜひご参加下さい。


11:11:11  Bioautonomy Meditation

Consept(概要) 
自分自身のソース(源)である高次元と深く繋がり自分自身に流れ来るエネルギーを、私たちがこの愛すべき地球においてポジティブな未来を形成していくために使用する方法を学ぶ一環として、2011年11月11日11時から11時30分までの30分間の瞑想を活用する。

Conduct(実施案内)
1)ホールライフデザインズでは、2011年11月11日午前と午後の2回、それぞれ11時から11時30分までの30分間の瞑想をホストします。参加される方は、それぞれ午前か午後のどちらかを選び1回のみ参加して下さい。

2)瞑想方法は、瞑想会でバイオオートノミー瞑想法を体験済みの方はバイオオートノミー瞑想法を実行して下さい。それ以外の方々はご自身の瞑想方法でかまいません。全く瞑想が未経験の方は効果が上がりやすいように簡易瞑想(ゆったりした服装で、姿勢を正して椅子に腰掛け軽く目を閉じて、意識を眉間と胸の中央に集中していきます)を行いましょう。

3)瞑想に入り繋がりを感じましたら、意識を集中して以下の2項目を体験していって下さい。

(A)瞑想の前半15分間には、自分が繋がっているソース(源)特にソウルのエネルギーを自分の中に引き入れ、そのエネルギーを増幅するつもりで、外に向けて発信していきます。発信する先は、世界中の同じ志を持ち果敢に表に立ち闇のコントロールに非暴力不服従で立ち向かっているいる兄弟姉妹達です。自分自身の思いや愛と感謝を込めて彼らにエネルギーを送りましょう。

(B)瞑想の後半15分間には、深くソース(源)である高次元、特にワンネスに繋がり、この激動の時期に、そしてまた次の展開において、自らの特徴や能力を生かしてポジティブな未来を形成してくために自分は何をどう提供していくことができるのか、自分のできることは何なのかを具体的に問いかけ、感じ取って行って下さい。

注意: 着実に自分を役立たせていくことを感じ取れるように、事前に怒り等のネガティヴな感情を充分にリリースしておく等して、しっかりと地に足の着いた瞑想を心掛けましょう。ネガティブな感情を溜め込んでいるとソース(源)である高次元と深く繋がることは難しく、瞑想が浮いてしまいます。

4)瞑想の終わりには、今日の11:11:11瞑想の特別なエネルギーを提供していただいた高次元の光の存在達に感謝を表現して、11:11:11瞑想を締めくくりましょう。



ご参加をお待ちしています。

お友達にも呼びかけていただける方は、リンクはもちろんコピーも自由です。ホールライフデザインズ・荘司久美子のクレジットを入れていただけるようにお願いします。

ご質問はコメント欄をご利用いただくか、HP内のコンタクト頁をご利用下さい。


 

私たち自身の社会ー世界とその基本構造を知ろう

 

最近、『あなた自身の社会ースウェーデンの中学教科書』というスウェーデンの教科書の翻訳本が出版されていることを知りました。正に私たちに今必要な社会科の教科書としてベンジャミン・フルフォード氏著の上記2冊を推薦します。

最新刊の『図解「闇の支配者」頂上決戦』の方は、3/11以降に目紛しい勢いで起きている世界的な事象を裏の視点から解説してありますので、世界規模の世相や現状を客観的に把握していくことに役立ちます。昨年発行された『図解 世界「闇の支配者」』の方は、これまでの歴史から現在に至るまで闇の勢力の実態に関してわかりやすく解説されています。どちらも図解であり、見やすく又読みやすく、正に教科書か参考書のような感じです。

私は学生時代と社会人として二度で合計約6年間のアメリカ生活を経験しています。滞米時代には「日本にいると世界の動きがわからない」という実感を持っていました。その時代には情報はテレビ等から一方的与えられるものでしたが、現代ではネットを通して様々な情報に自らアクセスしていく、情報は自ら取ってくるというように変化しています。それでも尚、日本では言葉の壁やカルチャーの違い等から、未だに世界の動きを把握しにくく、理解しにくくなっているように感じます。世界中で目覚める人々が急増し、スピリチュアルなエネルギーや事実の解明と開示を求める声が勢いを増している中で、日本はその熱いエネルギーが伝わりにくい環境にあるように感じています。

私たち自身の社会の事実を知ることは当たり前のことであり、社会人の義務でもあるように私は思います。まず、事実に目を向けることから始めましょう。

Occupy Yourself Movement Oct 28th 2011

来る10月28日に、この日一日は旧来のコントロール・システムから抜け出して自分自身に戻ろうというムーブメントがネット上で広がっています。

その呼びかけの数ある動画の中からそのひとつを下にご紹介します。



動画の中の英文を翻訳しました。

 


Occupy Yourself Movement 2011年10月28日

できるだけ多く人にこれを共有して下さい...あまり時間がありません!

勢いが生じています
世界中で人々が結束しています
彼らはメッセージを送っています
次のステップが足早に近づいています

2011年10月28日に 私たちはシステムをシャットダウンします。

一日だけ私たちは世界中で感じ取られるであろうシンボルの中で
平和的に抗議します。

私たちは、システムからステップアウトして自分に戻ります。

すべてのライトをオフにします
すべての電気機器のプラグを抜きます
テレビ、ラジオ、インターネットまたは電話の使用を控えます
いかなる種類の買い物をすることも控えます
その日の朝を、あなたが不要と感じるあらゆるサービスを
キャンセルする朝としてください
その日の朝は職場に病気で休むと電話してください

システムにお金をもたらす何事もしないでください。

私たちは、メッセージを送ります
私たちは結束します

最も重要なことは、この一日間は...
私たちは気を散らすものなしで生活します
本を読む
瞑想あるいは熟考する
遊ぶ
歌う
ダンスする
クリエイトする
自然の中で戯れる 愛する

2011年10月28日には システムからステップアウトして自分自身に戻ろう
このメッセージを広めましょう!

システムのすべてをシャットダウンしましょう!
facebookでご参加ください:Occupy Yourself


理解を深めるために、もうひとつ別の動画をご紹介します。



 同様にこちらも動画の中の英文を翻訳しました。


Occupy Yourself Movement Oct 28th 2011 -- WHY?


なぜ私たちはこれを行う?

 

私たちは、シンボルとしてこれを行う

システムをコントロールする人々にメッセージを送信するために、
彼らが理解できる言語... MONEYで。

この一日、私達のためにはならないシステムに参加しないことで
私たちの権利を行使します。

私たちは、世界中の兄弟姉妹との結束を示すためにこれを行います。

私達は自分たちが本当は誰であるのか、そしてどのように人生を送りたいのかを
思い出す好機を捕らえます。

 

この日にご参加ください

自分自身に戻るためにこの時間を使いましょう

真に生きるためにこの時間を使いましょう

恐怖、怒りや恨みからあなたの心を解放するためにこの時間を使いましょう

許すためにこの時間を使いましょう

邪魔されずにより良い世界を夢見るためにこの時間を使いましょう

愛と喜びで自分を満たすためにこの時間を使いましょう

 

システムをコントロールする者に...

私たちはこれを無秩序や混乱を引き起こしたり、
または恒久的にシステムをダウンさせるために行うのではありません。

私たちは、単に私たちが別の方法を選択する権利があることを知っている
ということをあなた達に気付いて欲しいのです。

私達はあなたの敵ではありません。

私たちはあなたを嫌いではありません。

あなたは私たちの兄弟姉妹です。

私たちはあなたを愛し、私たちはあなたを許します。

あなたのハートを探って、そしてこれを思い出しましょう

あなたの心は知っています...私たちはひとつである...私達は
プラネット・オーシャンであると。

 

この一日間...私達はシステムからステップアウトして自分自身に戻ります

 

Love 

Light



表のメディアでは殆ど報道されていませんが、Ocupy Wall Street はウィキリークスやアラブ騒乱を抑圧する各国政府への攻撃などで知られるハックティヴィスト集団・アノニマス(:Anonymous)の『Wall Streetに2万人集まり、9月17日から数ヶ月間占拠しよう』というネットでの呼びかけから始まったようです。もちろんお金や社会を影で牛耳り、私たちを思いのままにコントロールし支配している者達への抗議行動としての側面が強いように思います。

日本では未だに表のメディアに影響され、事実に無頓着で眠ったままの人々が多いために、10月16日の世界規模のデモも盛り上がりに欠けました。

何か自分でもできることをと常々考えていたところ、このOccupy Yourself Movement Oc.28, 2011 に繋がりました。この機会に、システムから離れて自分自身に戻る素敵な一日を過ごし、未来に貢献していきたいと思います。

皆さんも、マヤ歴 9th Wave の最後の日を、未来に向けてのエネルギーの使い方で過ごしてみませんか? それぞれにできる範囲で参加してみましょう。


Calendar

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新CM

[12/03 荘司久美子]
[11/29 井上始子]
[11/30 荘司久美子]
[11/29 宮崎紀子]
[11/29 荘司久美子]

最新TB

Profile

HN:
荘司久美子(Kumiko Shoji)
性別:
女性
自己紹介:
北海道美瑛町生まれ。東京でフリーターを経験した後、米国へ留学。サンフランシスコの美術大学でインテリアデザインを専攻し学位を修得。日本に戻りインテリアデザイナーとして就職し、更に2年間の海外勤務を経た後、独立して以来フリーランスベースで仕事をする。1994年J.C.ガブリエル(旧エハン・デラヴィ)氏と出会い、氏の主催したカナダでのスピリチュアルなワークショップに参加し、仕事にハードに取り組んでいた間に失っていた自分自身のもう一方の側面であるスピリチャリティーを取り戻すべく人生の癒しを始める。その後、自分自身を癒すことと、その取り組みを通して得た独自の哲学と経験にもとづきバイオオートノミーを開発し、更にこれまでのインテリアデザイナーとしてのキャリアにバイオオートノミーの理論を応用して生まれたライフスペースデザインを開発提唱、ホールライフデザインズを通してその普及と定着につとめる。スピリチュアルヒーラー、チャネラー、インテリアデザイナー。ホールライフデザインズ主宰。

Bar Code

ブログ内検索

P R

Counter

改訂新訳ライフヒーリング

待望のルイーズ・ヘイの『ライフヒーリング』(You Can Heal Your Life)が復刊していました。
ブログ内カテゴリーからReformationを選択いただくと、ルイーズ・ヘイご紹介の記事『I Can Do It』へリンクしています。

Twitter

みんなで決めよう原発国民投票

Sunrise & Sunset

Daily Moon Phases

CURRENT MOON

Revolver Maps

The Wayseer Manifesto

David Icke On 2012

Jessica's Daily Affirmation

Abraham-Hicks-Get Happy

Flatland: The Movie Trailer

Copyright ©  -- Bioautonomy Expedition --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]